Popular Categories

日本のVPS一覧

日本のVPSを紹介しています

GMOのVPS

外資系化粧会社の営業宣伝部長として活躍する島村部長のオススメVPS

私がオススメするVPSはGMOです。
営業宣伝部は、名前の通り商品をアピールする部でもあり、そのインフラとなるサーバのことはある程度熟知しています。
ヘタなサーバを借りてしまって、キャンペーン中にサーバがパンクしたなんて経験を何度もしてきました。
そのためサーバ選びには多少の経験を持っているのです。
そんな私がオススメするのがGMOのVPSです。

GMOのVPSを最初に使ったのは、たしか数年前自分が観た洋画の感想を文章と絵で綴るホームページを2年程作っていたときです。
レンタルサーバーは値段を考えてロリポップさんを使わせて頂きもともとweb制作の仕事をしていた為、作成→公開まではものすごくスムーズにいきました。
ただロリポップは料金が安いのはありがたいのですが、どうも夜になると落ちている模様。
そのため急遽転居先を探してGMOのVPSに行きついたという訳です。

ちょうどその頃、ホームページに関してちょっとトラブルがある時期でした。
週に1、2度の更新で、そのうち掲示板やチャットに常連さんもきてくれるようになり仕事のストレス発散のつもりで楽しく交流・運営していたのですがある時から掲示板を私物化する常連さんが現れてしまい…。

この方が悪気のない困ったさんで、自分のホームページやブログは作りたくない(作れない?)でも自分の意見は皆に聞いてほしい、という方で交流掲示板を使い毎日のようにサイト趣旨とは関係のない日記を投稿、お絵かき掲示板にも日に4枚5枚の連続投稿を繰り返し最初のうちはやんわりと、注意未満のお声かけをしていたのですが御本人が全く気付いて下さらず仕方なしにそれまで来訪者さんの良識にお任せしていた掲示板・お絵かき掲示板・チャットの使い方と注意事項のページを新たに作成する羽目になりました。

扱っているものが洋画と海外俳優さん(最近ブームの韓流ではありません)なので割と年齢層高めの閲覧者様が多かったのではじめはそういったものを作る事になるなんて考えてもみませんでした。

その後注意書きページを挟んでも件の方は全く改めて下さらず、恐らく私のトップページではなく自分の用事のある掲示板や交流ツールのみを直にブックマークされているんだろうなぁ…と。

それならば注意書きを挟んでも意味がないのだろうなと対処に疲れてしまい、それがきっかけで交流ツールを全て外し完全にこちらから情報を発信するのみの一方通行サイトにかえていく流れになりました。

2014年9月追記:
交流ツールで知り合ったwindowsユーザー会の葉山さんのサイトを見つけました。
windows系VPSの紹介サイトを運営していて、今大阪でシステムエンジニアをやっているようです。
コンタクトを取ってみたのですが今はお忙しいようでまだ返事はもらえていません。

何気に安かったFC2のVPS

フラワーチェーンを展開する28歳シングルマザーのVPS紹介

私が紹介するのはFC2のVPSです。
FC2と言えばちょっとお高いイメージがあったのですが、1000円以下で借りれることもあり、意外と安く感じました。

FC2のお世話になったのは、小学生公式ドッジボールチームのホームページを作ったときです。
しかし最初はレンタルサーバーはWiz.comでした。
ただWiz.comはイマイチ使い勝手が悪く、どこかへホームページを移動したいと考えている時に、FC2のVPSのことを知りました。

安く作成できることと、Facebookアカウントで簡単にログインできるのでこのサーバーに決めて作り始めました。

苦労は、
反映されるまでは早いけど、動作が遅くイライラする。
使ってるパソコンによるとは思うが、テキストを変更したくて その部分を直してると
エンターキーを押してもいないのに 「決定」になってしまう。
性能がいいパソコン向きなのかもしれない。

テンプレートが少なくてかなりシンプル。
シンプルだからこそ、いろいろカスタムしたいのに、その機能はない。
シンプルだけど、初心者向きではないように思える。

イラストも日本人っぽくなく、海外でよく見るようなアイコンが多いので
イラスト画像はなじみが薄くて使いずらい。

メンバー限定のページを作りたかったけど、パスワード制限などのページは作れない。
HTMLはいっさいいじれないので カスタムできない。

掲示板を作りたかったら、またどこかの掲示板をレンタルしてリンクでつなげる必要がある。

画面左側に編集メニューがあって、それが固定されているため邪魔して端のテキストが見えないので
編集するとき面倒に感じる。

パソコン用とスマートフォン用の二つの画面プレビューができ、それぞれ編集できるが、
スマートフォン用をスマートフォンなどで閲覧すると、
編集通りに表示されずに崩れて表示されてしまう。

windowsのVPSならWEBKEEPER

23歳IT女子からの紹介

私が紹介するVPSはWEBKEEPERです。

WEBKEEPERは色んなタイプのVPSサービスを提供していますが、一番のオススメはwindowsServer2008のVPS。
windows系のVPSは料金が3000円以上が相場ですが、WEBKEEPERはたったの1500円ほどで半額です。

さて、私がWEBKEEPERを始めて使ったのは、ホームページを始めて公開するという時でした。
少年漫画の二次創作サイトを作りました。
いわゆるBLという同性愛を扱ったものです。
小説やイラストを公開していました。

最初のレンタルサーバーはFC2です。
一時的にロリポップも使っていたこともあります。

ですが徐々にVPSで自由にサーバを設定したいと思うようになり、WEBKEEPERへ乗り換えました。

ただサーバはよかったのですが、HTMLに関してはまったく無知の状態から始めたので、初心者向けの解説本やホームページビルダーなどのソフトを使って作成していました。
が、やはり凝ったデザインとなると、自分でhtmlを勉強しなければならなかったので、そこがいちばん制作の過程で苦労したところです。
いろいろな解説サイトや書店で専門書を探しては読み漁り、一時的にサイトの内容よりも、サイトのデザインに時間を割いていて本末転倒になりかけたことがありました。
もともとオタク気質なところがあるため、気になることは突き詰めて調べる性格なのが幸いしてか、最終的には素人にしてはそこそこのものが組めるようになったと思っています。

運営が軌道に乗ってから、いちばんのトラブルとして記憶に残っているのは、盗作です。

私のホームページには、自作の小説が多数掲載されていたのですが、ある日、よく閲覧してくださっている読者の方から、一通のメールをいただきました。
私の小説に非常によく似た作品が、ほかのホームページに掲載されていた、というものです。
URLを添付してくださっていたので、すぐに確認すると、登場人物の名前とセリフの語尾を変えただけの、私が書いた小説が掲載されていました。
盗作した方は見つかることがないと思ったのか、開き直っていたのかは定かではありませんでしたが、それとなく同じようなホームページを運営している知人たちに相談したところ、ほかのいろいろなホームページの作品を少しずつ盗作しているのではないか、ということでした。
その盗作が掲載されているホームページの掲示板では、すでに「掲載作品が盗作では?」という書き込みで炎上しており、私が抗議のメールを送ろうとしたときには、すでに跡形もなく消えていました。

苦労して生み出して、多くの人に読んでもらおうと頑張った作品を盗まれたことに、憤りを感じたことを今でも覚えています。
当時は大学生でしたので、著作権を身近に意識した初めての出来事でした。

格安VPSと言えばServesMan

30代女性プログラマーYさんのVPS紹介

私が紹介するVPSはServersManです。

ずいぶん前に、無料のレンタルサーバーで自分の個人用HPをつくりました。

そのとき使ったサーバはたしかYahoo!ジオシティーズだったと思います。
今でもパソコンのことはよくわかっていませんが当時は全くわからず、手さぐり状態で作ったのを覚えています。

その後、サーバの性能が悪いようで繋がらなくなることがしばしばあったため、格安VPSで有名だったServersManに乗り換えました。

それから自分の日記や当時書いていた小説などのページを作りました。
インターネットで「無料のHPの作り方」などを検索して調べたと記憶しています。

ジオシティーズの「HP作成キット」のようなものが見つかり、その指示に従ってHPを作っていきました。
なにかプログラミング言語のようなものが並んでいて、その文字の間に「ここにHPの題名をいれる」などと指示されていて、入力していきました。
難しかったのは写真です。当時飼っていた犬の写真をHPの表紙に使いたかったので、それを取り込むのに
苦労しました。まず携帯に入っている写真をPCに入れる方法から調べました。何とか入れて、それを表示するのに
また大変な苦労をしました。どうしても写真が表示されないのです。
作業は一日では終わらず、あきらめて寝たと思います。

PCをいじりまくってなんとかHPが完成しましたが、お客さんは一人も来ませんでした。もともと、個人の日記を
PCで書いたらかっこよさそう、と思って作ったので、集客は期待していませんでした。
どちらかというと、誰にも見られたくない気持ちが強かったです。

HPを作ったことに満足して、リンクもはらず、日記も放置状態。
しばらくして、どこで見たのか一件だけメールがきました。どこからみつけられたのか、今でも謎です。

今ではいい思い出です。
ServersManをググってみたら、まだサービスを続けているのを見つけたので、紹介してみました。
ただ今ではLinuxサーバではなくwindowsサーバのVPSをメインとして使用しています。
windowsサーバはIISやASP.NETが使用できるため、HPをシステマチックに開発するにはもってこいの環境です。
windowsサーバをお探しの方はこのサイトで探してみてください。
参考元:windows vps